ミンネ販売サイトへ

愛用している道具達

どんな道具を使って制作しているのか、気になる方もいらっしゃると思います。今回は、私の頼もしい相棒である、道具についてのお話です。

ミシンについて

 今の私にとって、メインの道具は何と言ってもミシンやアイロンですね。

ミシンがなければ、手縫いで縫わなければなりませんし、アイロンがないと仕上がりに影響します。

まずは、ミシンからお話していきます。

ミシンには色々な種類がありますが、私が使っているミシンは、ブラザーの家庭用ミシンです。

「えっ、職業用ミシンじゃないの?」と思われたでしょうか?

もちろん、作った物を販売するにあたって購入しようか考えました。

でも、今まで10年近く使ってきた家庭用ミシンへの愛着から、手放す気になれませんでした。

今、購入を検討されている方や興味を持ってこのサイトを見てる方で、職業用ミシンで作ってないなら買いたくない、大丈夫なのかと思われたなら、申し訳ないですが商品の購入はお控え下さい。

お客様が納得した上で購入されるのが一番ですから。

ただ、作る上で妥協はなく、試作を重ねて納得いくものを作っております。

また、道具に頼らずとも、やり方次第でキレイに縫うことはできると、洋裁のレッスンで学びました。

このような思いから、職業用ミシンの購入はせず、生地や副資材の方に力を入れる事にしました。

ロックミシンも持っていますが、ここでは割愛させていただきます。

ちなみに、ミシン糸はミロ60やシャッペスパンを使っています。

アイロンとアイロン台について

次に、アイロンとアイロン台を一緒に紹介します。

このアイロンは、ハンドメイドをする方なら知っているもしくは、使っているかもしれません。

Panasonicのドライアイロンです。

ドライアイロンは、軽くて腕が疲れない所がお気に入りです。昔は、スチームアイロンを使っていましたが、スチーム自体を使わなかったので、アイロンの劣化に伴い、Panasonicのアイロンに変えました。

また、アイロンはコードレスタイプもありますが、コード付きの方が温度が保たれるので好きです。

 アイロン台は外国製で、スタンドタイプの物を使っています。こちらは、ドライアイロンよりもずっと前に購入したものですが、アイロンと色がたまたまピッタリ。アイロンする面が時間と共に茶色くなってくるので、何回か張り替えていますが、元々白黒の台でした。

その他の道具

次に、ハサミなどの一般的な道具ですね。

ハサミ(左から2番目)は、キルトを始めた時に揃えた道具です。大きすぎないので、キルトはもちろん小物作りの裁断にも便利です。小さいハサミは、刃先が鋭く、反っているので糸をギリギリでカットしたい時に役立っています。色々な道具が入っているお裁縫箱は、一目ぼれしたモノ。

定規は、今まで色々な長さを使いましたが洋裁用の60㎝定規に落ち着きました。

また、カッティングマットやロータリーカッターは主に洋裁で使いますが、ポーチなどの小物を作る際にも使っています。手芸店時代では、洋服を作る方もいらしたので、自分でも洋裁の本を買って勉強しました。そんな時にカッティングマットなどを購入し、キルト作りでも重宝しています。

 いかがでしたか?少しは、お役に立ちましたでしょうか。

作業部屋も作りたいところですが、今は自宅のリビングで作業しております。道具を出したりしまったりと工程ごとに片付けたり出したりしながら制作中です。

ちなみに、犬猫などの動物は飼っておりませんのでご安心ください。

作品販売サイト